今夜も飲もう。酒乃草子♪

世界の酒の征服をめざすぞ

デフリンピックとは?〜耳が聞こえない人のオリンピック〜

今オリンピックが賑わっている。

オリンピック開催を反対していたマスコミも手のひらを返してメダルラッシュを称賛している。この矛盾はなんだろうか。

 

これだから日本のマスコミはレベルが低いと言われても仕方がない。

 

さて、「デフリンピック」をご存知だろうか?

 

Deaf=デフ「耳が聞こえない人」のことで、耳に障害を持つ人のオリンピックなのである。

jdba.jp

 

パラリンピックは1960年から始まったのに対し、デフリンピックは1949年から始まっているので、パラリンピックよりも11年も歴史が古いのである。

 

しかし、知名度が圧倒的に低く、日本でも知っている人は1%にも満たないと言われている。

 

何故デフリンピックがあるのか?

 

パラリンピックは見てわかる通り、身体に何らかの障害を抱えている者が対象。目が見えないとか車椅子の人とか。

 

一方、「耳が聞こえない人」は医学的には「身体障害者」とされているが、運動能力そのものは健常者と同じ。

 

だからパラリンピックにはそぐわないのである。

 

かといって、ハンディが存在するのも確かだ。

 

どんなハンディか?下記のような点が挙げられる。

 

・スタートを意味するピストルの音が聞こえず、ほんのわずかに他の選手より遅れてしまう

(短距離や水泳など)

・声によるコミュニケーションや合図が難しい(団体戦など)

・周りの理解不足やコミュニケーション不足によって十分な練習ができない

・圧倒的に健常者より人口が少ないので、有能な人材が生まれにくい

体のバランスを司る平衡器官が耳の中にあり、耳に障害を持っていると平衡器官にも障害が及んでいる場合が多い⇨体のバランスが悪いため、健常者であれば練習しないであろう「バランスをとる」練習から始めなければならない。

 

そのため、オリンピックと一線したデフリンピックが誕生したのである。

かつて、パラリンピックと合同で開催しようか?と話もあったらしいが、パラリンピックの責任者とケンカしてしまったらしく、デフリンピックは「我が道を行く!」と国からの支援も受けず、今まで自力でやってきているようである。

 

オリンピックと同じく、4年に1回開催されているのであるが、オリンピックとは1年ずれているため、今回は2021年開催(つまり今年)。場所はブラジル。

 

4年後にあたる2025年は「日本開催予定」という噂がある。

もちろん未定であるが、東京開催が決定されたら、喜ばしいことだ。

(日本で開催されたことはないのだ)

 

その時はもちろん私も何か手伝いたいと思ってる( ^ω^ )

 

 

 

 

 

 

 

「FASS」という検定

オリンピックが燃えていますなあ。

メダルラッシュで、前回のブラジル41個を超えそうな勢いですね。

というか、日本ってこんなにスポーツ強かったっけ?😅

十数年前はそうでもなかった記憶が・・

 

 

経理・財務スキル検定として「FASS検定」がある。

文字通り、経理や財務の知識を図るために、経済産業省が展開してきた検定であり、始まってから10年位上経過している。

 

簿記とは違う点は、実務的な知識も求められることだろう。よって、経理や財務の仕事に携わってないと難しい点もあるかもしれない。

 

www.cfo.jp

 

 

検定では資本・決算・税務・資金の分野から出題される。全100問で90分間。

 

他の検定のように、「合格・不合格」ではなく、A〜Eでランク付けするのだ。

もちろん一番良いのはAランク。なんでもAランクを取得した人は年収も平均より高い、というデータがあるらしい。

 

企業としても経理や財務の実務的知識パラメーターを知るのに良い、と評価が高いようである。

しかし、難易度は高い、と聞く。

 

同じ職場ですでに何人か受験してきたが、結果はあまり良くなく、思いの外難しいので

Aランク取得を必須とするのはいかがなものか・・と上司達で話が上がっているらしい。

 

というわけで、私も受験してみた。

 

・・・結果は散々であった・・

 

「資本」と「資金」分野は70%以上だったが、「決算」は35%・・😱

これは恥ずかしい、経理部の人間として。確かに、家庭の事情で「決算」業務には携わったことないのだが、それが多く影響しているのだろう。

 

悔しいので、再挑戦することにした。

(受験できる期間は上期と下期の2期のようで、上期は8月31日までなので、8月末にもう一回受けるぞ!!)

 

今度は他のテキストをもう一冊買って、根本的なところから見直そうと思ってる。

 (問題集ではなく、こちらのテキストを購入してみた)

 

 

転職活動にも有効らしいので、転職を考えている人は受験しても損ではないだろう。

受験費用は11000円とちょっと高めであるが。

 

ドイツの甘口ワイン

ドイツは昔は甘口ワインが多かった。

いや,ドイツだけではなくヨーロッパ全体的に甘口ワインが多かったそうだ。

 

何故か?

 

甘いものがなかったからだ

 

今はお菓子,ケーキ,など甘い食べ物が飽和しているのだが,昔はそんなものはなかった。

 

だから,酒に甘みを求めていたのである。

 

今は菓子やケーキなど甘いものが飽和しているので、辛口の方が圧倒的に好まれる。

 

そんな風潮に勝つことができず、かつては甘口が大半だったドイツも、今は辛口ワインを多く作るようになっている。一方で、ドイツの甘口ワインは今も名高い。

 

貴腐ワインのように、糖度を極度までに引き上げたような甘味ではなく、ほんのりとした甘味がまたいいのだ。

 

f:id:sakesoshi:20210726200842j:plain

ドイツの甘口ワイン

アルコール度も7〜10%とそんなに高くない。

(酒が好きな人にとっては物足りないかもしれないが苦笑)

 

香は・・リンゴ、グレープフルーツ、桃などの柑橘類とトロピカル的な香りが混ざっていて複雑さを感じさせる。

 

甘みはほんのりしてて全然しつこくない。

 

スーパーにも時々ドイツの甘口ワインが置いてあることがあり、そういう気分の時はたまに買ったりしてる。

 

そのほうが肝臓に優しいではないだろうかw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家を買う時、どんな家がいいのか

あー暑い!

でもこんな猛暑の中でも建築現場では働く人はいるものだ。もちろん大いに体力を使う。

新しい家が次から次へと建立されているのに大いに疑問を持つ。

 

何故なら,今や日本には空き家が800万戸もあると言われており,決して看過できない問題が深刻になっている。しかし,不動産どもは新築の方が売れるものだから,そう言う問題は無視して次から次へと新築物件を建てていく。

 

こうやって,実家でも前の家でも周りの家々はすっかり変わってしまった。

それはまだマシ。古い家を壊して新築にしたものだから。

 

問題なのは,地方や田舎の方,そうでなくても駅から離れた箇所では空き家がどんどん増えている。

 

23区でさえ、空き家率が高くなっているそうだ。持ち主が不明な分は役所もお手上げ、ずっと放置されたまま。そういう家は外から見てもわかるほど、部屋の中がゴミ屋敷のようになっている。

 

空き家の増加は少子化問題や人口減少の表れでもある。

 

しかし、何故人は新築でないといけないのだろうか?

もちろん中古物件を購入する人もいるが、「新築がいい」とわざわざ新築物件を購入する人が多いように思う。

 

私の家の周りでも、古い家を建て壊し、新築にすると、数ヶ月もしないうちに人が入ってくる。最寄り駅が首都圏に近く、市名がブランドでもあることから人気度も高いらしいけど。

 

でもさ、「新築物件」を購入しても、価値が、大体6〜7年で購入価格の半分にまで下がる。

7年を過ぎると価値の降下が緩やかになっていくものだが、それを考えると新築を購入するのはいかがなものだろうか。

 

f:id:sakesoshi:20210723145237p:plain

償却のグラフ

 

 

私の考えは、人気のある土地で、それも駅から徒歩10分以内(バス利用なんて論外!)のところで、築年数20年以上経過の中古物件を買った方が良いのでは?ということ。

 

そういうところであれば、中古であっても、家の価値そのものはなかなか下落しないし、むしろ物価上昇で家の価格も上昇する可能性だって大いにあるのだ。

 

「中古か新築か迷ってる」といえば、不動産は必ず新築の方を勧めてくる。新築の方が不動産にとって儲けになるからだ。

 

私は絶対嫌だったので、不動産に行った時「中古物件で、1500〜2000万、○○駅から徒歩10分以内ので探してください」とハッキリ言っておいた。

まあまあ良心的な不動産屋だったので、その通りの物件を10件程案内してくれ、さらにデメリットも教えてくれた。

 

例えば、「40m2は微妙な広さなんですよ、1人暮らしにしてはちょっと広いし、2人だと狭い」「だから、50m2以上の方が売れるんですよ」とか、「ここの地域はちょっと柄が悪いんですよ。だから女性1人ではちょっと危ないかもしれません」とか。

 

おかげで今の家に決めることができ、割と快適な生活を過ごせている。

何より、50m2の家を独占できるのは何とも言えない快楽さがある。

 

不動産に関する書籍も何冊か読んだが、「正直不動産」という漫画はなかなか勉強になった。

不動産業界の裏知識も結構知ることができるし、ストーリーもなかなか面白い↓

 

 

あれ?

最近,はてなブログで他の人のサイト見たくてもみられない,「いいね!」を押したくても何故か押すところがなくて押せない・・などの不可思議現象が発生しています・・

この原因はなんでしょうか??

南アフリカ ワイン

f:id:sakesoshi:20210722193904j:plain

南アフリカワイン


南アフリカのワインを飲んでみた。

南アフリカはニューワールドのうちの1つであり、ワインの歴史はまだ浅い。

しかし優れたワインも出すようになっているので、今後が楽しみである。

 

スーパーで買ったのだが、600円台と結構安い。

タンニンをほとんど感じない代わりに、物足りなさもあるワインであった。

でも渋みが全然ないから、どんどん飲めちゃう。

 

ネットでも買えるようだ。 

 

アルコール13,5%とは思えないほどのサッパリさで,気がついたら結構酔っ払ってた。

翌日である今朝は,ちょっと遅い時間まで寝てしまった。

 

連休や休日前だと,カブカブ飲んでしまうのもいかがなものだろうか・・

 

反省・・・と言っても結局同じことをやらかすものだから,我ながら困ってる。

飲む量も減らないし。うーん・・誰かコントロールできる方法を教えてくれ。

 

 

手話は「目で見る言葉」である

手話はどんな言語か?

 

耳が聞こえない人々の言語であるのに関わらず、長い間「言語」とはみなされなかった。

「ただの身振り」だと。

 

しかし、世界でも権威ある言語学者たちが、色々研究した結果、「手話は間違いなく『言語』である」と認めたのは割と最近のことである。

そう、手話にも文法やルール、決まり事があるのだ。それを知らなくしては手話を覚えることなんてとてもできないだろう。

 

日本における「手話」の立場はまだまだ遅れている。

 

①書店において

依然として「手話」の書籍は「福祉」コーナーに置いてあるのだ。

 

欧米では、手話を「福祉」とは全く考えていないので、英語や中国語・・と同じ語学コーナーに「手話」の本も肩を並べているのである。

 

この違いはなんだろうか。

 

②手話通訳者の環境が悪い

手話通訳も、極めて高度な技術を必要としているのに、給料が低い、課税対象ではない、手話通訳をやりすぎて「頸肩障害(けいけんわんしょうがい)」になっても「労災」として認知してくれない、など、理解がまだまだ進んでいないのである。

 

一方、福祉面で有名なフィランドでは、手話通訳の仕事は人気あるらしい。

理由は簡単、高給だから。でもその代わり、手話通訳になるまでの道のりが日本とは比較にならないほど厳しく、なれたとしても手話通訳レベルによって「ランク」が定められており、ランクを上げるためには更なる勉強が必要なのである。

 

専門用語が多い会議で通訳を依頼する場合は、Aランクの手話通訳に依頼する

→依頼された手話通訳は数週間前から、その会議で使用される専門分野に関して猛勉強?するそうだ。

 

 

日本にはそのランクがない。

だから、難易度が高い会議に下手な手話通訳がくる、と言う最悪なケースもよく起き得る。

 

以前からそれは問題になっており、改善に向けての運動もあるようだが、あまり改善されてないような気がする。

 

 

でも、これでも昔に比べたらだいぶマシになってる。

それはドラマのお陰である。

 

星の金貨

酒井法子主演の「星の金貨」が放送されてから、手話に対する興味やブームが広まったように思う。「星の金貨」のヒロインは耳が聞こえず、全く話せないので手話で会話する。

2人の男に愛される、と言うストーリーなのである。

このドラマをきっかけに、耳が聞こえない人を主人公とするドラマがいくつか出てきた。

 

 「愛してると言ってくれ」

耳が聞こえない男性が主人公。でも、この人は生まれつき聞こえなかったわけではない。途中から聞こえなくなったと言う設定。

 

 「君の手がささやいてる」

生まれつき耳が聞こえない女性の話。職場で知り合った男性と恋愛した末結婚、子供も産まれる・・と言うストーリーで漫画が原作である。 

 

「オレンジデイス」

 途中で聞こえなくなってしまった女性の話。

このドラマがきっかけで、柴咲コウ妻夫木聡が交際、婚約までしたのに解消しちゃった・・と言う意味でも有名なドラマです。

 

 

私はほとんど見た。

 

正直に言って、「耳が聞こえない人」に対する理解があまりないと思う部分があまりにも多い。しかし、その一方で、「手話」や「耳が聞こえない人」の存在を普及知らしめたと言う点では非常に大きな功績だと思っている。

 

感動する話でもあるので、時間あったらぜひ見てみてはどうだろうか。