今夜も飲もう。酒乃草子♪

世界の酒の征服をめざすぞ

フランス南ローヌのワイン🍷

酒乃草子です♪

最近は友人と飲む場所も、ほとんど家になってしまいました。あるいはZOOM飲み会とか?

でもZOOMってスキンシップもできないから、やはり直接会った方が何倍もいいと思うこの頃・・(T . T)

 

フランスといえば、ボルドーブルゴーニュをイメージすることが多いかと思いますが、ロワールやローヌもなかなか侮れません😤

 

ロワール地域

ロワールも地域ごとに個性を出しており(独特の品種も多いかな)、なかなか美味しいワインを多く生み出してます。

f:id:sakesoshi:20210328103649j:plain

ロワール地域

 

コート・デュ・レイヨンの甘口ワイン(品種:シュナンブラン)には感動してしまいました😅何でも、コート・デュ・レイヨンの甘口ワインは世界でも高評価を得ているみたいですよ。こんな美味しいワインが数千円で買えるのは信じられない!

 

南ローヌ

比較的平坦な土地が広がっており、夏は気温が上がるので干ばつが深刻な問題になることも。

品種はほとんどグルナッシュ、他はシラーやムールヴェードルなども多いです。アルコール度数が高めの、パワフルなワインが多いですね。

 

f:id:sakesoshi:20210328103946j:plain

南ローヌ

南ローヌのシャトーヌフ・デュパブはフランスで最初に呼称制度が成立された地域としてもワイン史上名高く、1本1本が高級なのです。もうブランド扱いですよ。

 

一方、シャトーヌフ・デュパブと似たスタイルで生産しているのが、お隣のジコンタスやヴァケイラスです。2つともクリュに昇格した村なんですが、シャトーヌフ・デュパブが偉大過ぎるのか、影に隠れてしまってるような感があるとか・・😭

 

でも、シャトーヌフ・デュパブと似たスタイルのワインを手頃な価格で買えます! 

そこで昨夜飲んだ南ローヌのワインはこちら。ヴァケイラス産で、数千円で買ったものだそうです、友人曰く。

f:id:sakesoshi:20210327102725j:plain

南ローヌのワイン

辛口タイプ

アルコール度:14%

品種:不明。おそらく、グルナッシュやカリニャンなどをブレンドしたものかな?

香りや味:スパイシー。ブラックペーパー、ブラックベリー、プラム、ナツメグ、動物の皮、土・・・などなど複雑な香りがあります。

コスパ:良好

 

そんなにキズキズしてるわけではなく、タンニンが多いにしては滑らかな味わい。

食事のピザともよく合いました。気がついた時はボトルから綺麗にワインが消えていました・・😭もっと飲みたかったのにー!!

友人と飲むとボトル半分、つまり約375mlってことですが、私にとってはとても足りない量です・・😭