今夜も飲もう。酒乃草子♪

世界の酒の征服をめざすぞ

日本ビール検定1級は超難関!?

酒乃草子です。

今日も暖かった☀️週末健康診断を控えているので、今日も大人しくビールでも飲んでます🍺

 

ビールといえば・・

 

酒にまつわる検定は多数あるのですが、日本ビール検定もあることご存知でしょうか??

beerken.jp

ビール文化研究会が主催で毎年(2011年〜)実施されている検定で、「びあけん」という愛称もあります😊

※2020年はコロナ禍のため、中止となりました。

 

3級、2級、1級と3つのレベルがあるのですが、1級の合格率は何と10%にも満たないんだとか。まさに狭き門、超難関です😅

 

ここにも書いてある通り、2回目では合格率はたったの5.7%・・(´⊙ω⊙`)

その後も少しは合格率は上がっているようですが、それでも10%未満とか。

f:id:sakesoshi:20210330194559j:plain

1級についての説明(「日本ビール検定」公式テキストより)

 

しかも・・一般的に試験や検定の合格ラインは60〜70%であることが多いのですが、ビール検定1級は80%以上でないと合格できないという過酷な試験。

 

何故そんなに難しいんだ??

 

過去問も出版されるようになったようで、2級1級の過去問テキストを購入してみました。アマゾンや楽天などのネットでは購入不可、ビール文化研究会から直接購入することになります。

 

その過去問が届きました。

 

で、チラリと1級の過去問を見てみる。

 

・・こんなのわかってたまるか!!ボケ!

 

と思わず言いたくなってしまうほどのマニアっぷりな問題がズラリ😅😭

 

例えば・・こんな問題が出てきます。4択もあるのですが、記述問題もあるのが1級の特徴。

 

Q 9世紀からイギリスに広まり、宿泊中心の「イン」や食事中心の「タヴァン」と並存しながら、「パブ」の原型となった居酒屋のことをなんというか?その名称を記せ。

 

Q 発酵の副産物として生成される香気成分のうち、日本酒のようなぎんじょうを醸し出す成分の名称を記せ。

 

あなたはこの問題解けるでしょうか??

 

簡単?簡単なのであれば、1級を受けてみてください、合格しますよ!😅 

 

しかし。。こんなマニアックな問題、どうやって勉強すればいいんだろう・・😭
一応、公式テキストというのはあるんですが(これはアマゾンでも買えます)、3級2級中心であり、1級はテキストにも載ってない範囲から出題されるそうです。

日本ビール検定公式テキスト 2020年4月改訂版
 

 

公式テキスト曰く、

「ビールに関する書籍、各ビール会社団体のHP、話題商品、イベント、ニュースなどを日々勉強しましょう」

 

・・たったこれしか書いてない。あくま独学で勉強しろってことですな。

書籍も1〜2冊しか紹介しれくれないし、それ以外は自力で探せってことやな。

 

合格者が希少なせいか、合格攻略サイトなんていうのも見つからないし。

1級合格までの道のりは険しそうだ😱😈