今夜も飲もう。酒乃草子♪

世界の酒の征服をめざすぞ

コノスル🚲 スペシャル?ワイン🍷 

赤ワイン飲みたい・・それも美味しい赤ワインが飲みたい・・😡

しかし家にある赤ワインはバローロとかブルゴーニュピノとか5000円以上するもので、1人で飲むには勿体なさすぎる。

 

しかし赤ワイン飲みたい・・!この気持ちを抑えきれず、帰宅したばかりだというのに近くのスーパーまで買い求めに行ってしまった。所詮スーパーだからパッとしないワインばかり。安いんだが、今は1000〜1500円のまあまあおいしいワインを飲みたい気分なのだ!

 

「うーん」とワイン棚を物色しているとこんなワインを発見。

f:id:sakesoshi:20210422204246j:plain

コノスル レゼルバ ピノノワール

コノスルが大好きであることはこの前も書いたが、今日見たのはラベルが見慣れないもの。

sakesoshi.hatenablog.com

 

何より、コノスルの顔でもある「自転車」マークがない。

 

スペシャル」と英語があるので、何かしらパワーアップしたワインだろうか?

 

調べたところ、ワンランクアップのワインらしい。普通のワイン葡萄が栽培されている畑とは別の畑で作られた葡萄で、生産される。100%樽で醸造される。・・の違いらしい。

 

値段もちょっとお高い。

 

通常バージョンだと850円前後なのだが、このスペシャルワインは1300円前後する。

 

いつもより少し贅沢したい時にオススメかもしれない。

 

云々は置いといて早速ボトルを開ける。「今日も仕事お疲れ様」と自分を労う🍷

f:id:sakesoshi:20210422210208j:plain

ルビー色に輝くピノノワール

 

ピノノワールの色は本当に澄んでて綺麗。

 

カベルネやジンファンデルなどの、ムキムキ💪ワインは色も濃く、ピノノワールのような透明感がないことが多いんだが😅それもそれで美味しい。

 

 

そうそう、ピノノワールを飲むときのグラスって決まってるんですよ。

f:id:sakesoshi:20210422210851j:plain

ピノノワール専用のワイングラス

このように、広がってるワイングラスがピノ専用なのだ。

他のワイングラスと比較したら一目瞭然かと👇

 

f:id:sakesoshi:20210422212205j:plain

赤ワイングラス(普通サイズ)

 

なぜ、葡萄の品種によってグラスの形が違うのか?

 

それは舌との関係にあります!

f:id:sakesoshi:20210422212448p:plain

舌の味覚

ご覧の通り、下の場所によって、より強く感じる味覚が違うんですね。

つまり、ワイングラスの形は、ワインを飲んだときにワインが口のどこを通るか?を意識してデザインされているのです。

 

 

えーと。。つまりピノノワールは酸味が高いワインです。いわば「酸味」がピノノワールの売り。なので、酸味をより強く感じて欲しいわけですよね、ワイン愛好者には。

 

で、上の図を見ればわかりますが、酸味を強く感じる部分は下の根の方。

 

そこら辺にワインが通るようにすれば、ピノノワールの酸味を感じることができるわけで、そこら辺をワインが通るように工夫されたのがピノノワール専用のグラスです。

 

カベルネ専用のワイングラスもあり、

 

 

実際に下記のことをやって見てごらんなさい。

 

カベルネ専用のグラスでピノを飲む

ピノノワール専用のグラスでカベルネを飲む

 

・・本当に同じワイン??と思うほど味が違って感じます。

最悪なことに不味く感じてしまうことすらあるのだ・・

 

それだけ、ワイン葡萄とワイングラスの形の相性は重要なのです。

 

もし今までワインを飲んで「おいしくない」と感じていたら、それはワイン葡萄品種とワイングラスが合ってなかった可能性もあります。

 

ワイングラスに異様なこだわりを見せて要るのは世界でも著名な「リーデル」という会社で、どのような異様なこだわりかというと・・・話が長くなりそうなので今日はここらで😅