今夜も飲もう。酒乃草子♪

世界の酒の征服をめざすぞ

良心的なワインバル、豚バル🐷

もう何回目なのかわからなくなった緊急宣言が出ている中、こっそりと友人とワインバルへ。

豚バルBYO-塊-
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-5-12 ニュー八重洲ビル1F
3,500円(平均)850円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp

 

・・ガラガラでした汗

私以外のお客さんいない中、ワイン飲み始める。

 

何故良心的なのか?

この店は結構良心的なんですよね。何故か?

ワインバルに自分でワインを持ち込んで飲む時、「持ち込み料」が発生します。

まあ、簡単に言うと「何で俺の店の自慢のワインを飲まないんだ?飲まないなら金払え」ってことです。

 

その「持ち込み料」結構馬鹿にならないんですよ。普通でも2000円、ちょっと高級な店だと4000円もかかります・・。あくまでも「俺の店のワイン飲みやがれ」と言う魂胆が丸見えですね。

 

でも、豚バルだと、持ち込み量はたったの999円。こんなに安く持ち込みワインを飲めるワインバル、他には知らないですね。

f:id:sakesoshi:20210429175417j:plain

豚バルの看板。ワイン持ち込みのことが書いてあります

バローロワイン

 

・・っていうことで、今回持ち込んだのはこちら。

 

f:id:sakesoshi:20210429175917j:plain

バローロ(イタリアワイン)

 

 イタリアのバローロという地方のワインです。

バローロと言えば、高級ワインにも類するもので、そう安く買えません。

ですが、安く買えるものも中にはありまして。

 

 

バローロで認められている葡萄品種はネッビオーロのみ。 わかりやすいと言えばわかりやすい。

 

ネッビオーロの特徴とは?

 

タンニンも酸味も高い。だが、色は薄く、ピノに近い色。綺麗なルビー色をしています。

スパイシーな赤ワインが飲みたい!!人にはオススメな品種です。

 

豚バルの料理

豚バルの料理もなかなかうまいです。今回は3品。(1品は写真撮り忘れた・・)

f:id:sakesoshi:20210429190826j:plain

9種類の組み合わせ

 

f:id:sakesoshi:20210429191032j:plain

豚のソテー

3品目も豚肉のセットみたいなもの。

 

「豚バル」という店名だけあって、豚のメニューが多いですw

もちろん他の牛などのメニューもあります。あー食べた食べた!

ただ、ラストオーダーが19時まで、店にいられるのも20時まで、は残念。

 

もう、皆緊迫感が無くなってるよな・・・通勤中の電車にも座れなくなったし。

在宅疲れで、会社に出勤し始めた人が増えてるでしょうね。

 

今回行ったのは東京駅近くにある豚バルでしたが、日本橋にもあり、店によってメニューや雰囲気が少し違うんですよね。

 

 

コロナが落ち着いたら、日本橋の豚バルにも久しぶりに訪れたいものです。