今夜も飲もう。酒乃草子♪

世界の酒の征服をめざすぞ

築地散策👟 築地市場編

築地は元来海があったところである。そこを埋め立てて建物などを建立したことから「築地」という地名が誕生した。

 

豊洲に市場が移転される前は「築地市場」が有名であったが、今も店が立ち並んでおり、早朝は活発である。何より、商売人が通行人に「ここは美味しいですよ!」と積極的に声をかけるのだ。とても元気がある。私も通っただけで数回は声かけられた。

 

www.tsukiji.or.jp

 

築地と言えば、海鮮物が思い浮かばれるだろうが、だし巻きも有名である。

築地玉子焼き職人の厚焼き玉子専門店なら丸武。

これだけではなく、いくつかのだし巻き専門の店が並んでおり、100円〜買える。

 

ぶらりと散策する中、市場の中の細い道を通っていくと気になる店があったので

(というよりやや強制的に入店させられた^^;)入ってみる。

 

おすすめが1500円の8種類海鮮丼というので注文してみる。

f:id:sakesoshi:20210904194949j:plain

海鮮丼。8種類の海鮮物が盛り込まれている

 

さすが、築地だけあって、海鮮物どれも新鮮。舌鼓を打ちながら、汁物も吸っていく。

ご飯の量もやや多かったのだが、あっという間になくなっていく。ご飯もいい塩梅に酢がかかっており、それもたまらない。

 

商売人のおじいちゃんが、ズボンのポケットに大量の小銭が入っており、「へへ」と笑いながら小銭を取り出しては「はいお釣りね」と渡すシーンも、下町風でなかなか趣がある。

昭和を思い出せる。お隣は「高級感が半端ではない」銀座であるのだが、なんだろう、その偉いギャップは。不思議だ。

 

丼を平らげた後は甘いものも食べたい、と友人がねだるので、すぐ近くのカフェに。

「築地 胡蝶」

胡蝶庵
〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-8 銀座DSビル 1F
r.gnavi.co.jp

 

女性1人が仕切っていたので、とても忙しそうであった。

 

私は先程の丼で満腹だったので、軽くアイスに。友人はマンゴーかき氷。いわゆる「甘いものは別腹」ってやつである。

 

f:id:sakesoshi:20210904195756j:plain

アイス。お茶とマッチしてた

 

なかなか築地市場も面白い。何度でも訪問してみたいと感じた築地散策であった。